人生なめてるやつの処世術

あなたは疑問に思いませんか?

なぜ?

真面目に生きている人がクソ真面目とバカにされ、
生きづらさを抱える一方で、
ヘラヘラした、何も考えずテキトーに生きているような人が
多くの友人に囲まれて幸せそうなのか?

なぜ?

弱者を騙してお金を巻き上げるような
詐欺的な売り込みをする人が得をして、
真面目な人ほど損をする、と思ってしまうのか?

本来、真面目さとは、
心理学で言われる5つの性格要因
「ビッグファイブ」の中で
「誠実性」と呼ばれ、

最も仕事の成果と関係がある
とされる性格要因です。

それなのに日本では、
真面目に仕事をしすぎて
心を病んでしまう人や、
体を壊してしまう人が絶えません。

本来なら、自らの才能を生かして、
やりがいを感じながら
世の中に貢献できる人が、
「真面目さ」という呪いによって
才能の芽を摘まれてしまう……

真面目に働き続けることで
体や心を壊してしまうか、
真面目であることをやめて、
反社会的な行動をとってしまうかの2択。

そんな社会は、
間違っていると思いませんか?

2人の新入社員の辿った結末

私が現場監督として仕事を始めた時、
1人の同期がいました。

真面目で責任感も強く、
職人思いで、
ちょっとエッチな(笑)同僚。

一方私は、
会議中にも寝るような、
テキトーな社員でした。

エッチな話にはついていけませんでしたが。

真面目さゆえに友人を失い、
うつにもなっていた当時の私は、
「真面目だね」
と言われることすら怖かったのです。

1年後、2人はどうなったと思いますか?

1人はうつで退職し、
1人はクビになりました。

もちろん
私がクビになるのは仕方ありませんが、
真面目で責任感もあり、
仕事もできた人間が、
なぜ退職しなければならないのか。

これは絶対におかしいですし、
社会的にも損失が大きい。
あなたもそう思いませんか?

真面目でありながら心を病まない方法はないのか?

心を病んでしまった人の多くは、
心療内科へ行き薬をもらったり、
カウンセリングに通ったりします。

専門家に頼ることは間違いではありません。

ただし、
薬を飲めば副作用という身体的な負担がかかり、
カウンセリングに通うとなると
1回5000円~の
金銭的な負担がかかります。

そもそも心を病まずに
真面目であり続けることは
できないのでしょうか?

例えば、
災害が発生してから対策を考えるのではなく、
事前に対策をしておくことで
災害を防止するように。

大真面目に人生をなめる方法をお伝えします

この記事でお伝えするのは、
プラス思考が大切だとか、
潜在意識の力だとか、
引き寄せの法則だとか、
嫌われる勇気だとかのような、

クソみたいな自己啓発でも、
エセ心理学でもありません。

科学的根拠のある
心理学のテクニックから、
私が実際に試して
効果のあったものを紹介します。

科学的根拠のないもの、
怪しいものも紹介します。

分類して紹介するので、
好きなものを取り出して使う、
ツールボックスのように取り扱ってください。

まだ、このノウハウを購入しないでください

なぜなら、まだ本文を書いてないからです。

購入はこちらから

送信いただいたメールアドレスに
決済方法を連絡いたします。

決済が確認できたらノウハウをお送りします。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!
かにかまをフォローする
スポンサーリンク
人生なめてるやつが成功する方法