かにかまのプロフィール

人生をなめていたために、
腐った肉を食べてしまい、
その挙句にお腹を壊し、
ついにうんこを漏らした物語。

何も不自由のない生活。
頑張る理由もない毎日。

そんな自分が許せなくて、
自傷行為を繰り返していた生活から一転。

憎しみの中に愛を見つけた逆転劇!

かにかまのプロフィール概略

【HN】:かにかま(HNの由来はこちら
【出身】:岡山(出張で県外へ半年~1年出ることがあります)
【性格】:真面目でおとなしいといわれてきました。
【職歴】:配管工事監督・プラント建設工事現場代理人。
【趣味】:サイクリング・ジョギング・釣り・ゲーム・バイオリン。
【結婚】:未婚。自由に出張できるという良い面もあります(笑)
【年齢】:30代も半ばとなりました。
【好きなもの】:ロードバイク・メバル釣り・モンスターハンター・ジョジョの奇妙な冒険・スラムダンク等

「普通」にあこがれていた日々

はじめまして。かにかまといいます。

中学生の頃の夢は、「普通のサラリーマン」でした。

「夢がないな!」

と友人には言われたりしましたが、
それなりの考えはあったのです。

勉強はそこそこできるけど
一流とは言えない、
運動も友達が当たり前にできることが
できなかったりという劣等感がありました。

そして、ちょっと変わり者だった自分。

そんな自分でも、
ヒーロー(いわゆるすごい人物とか)
に憧れて人生に高望みをしてしまう。

そんな高望みをするのではなく、
「普通」に満足して幸せに生きるんだ。

「普通」
「当たり前のこと」
がありがたいことなんだぞ。

という想いがあったのです。

日本では当たり前で普通のことでも
世界には、その「普通」が
遠い生活をしている人もいるのですから。

普通に感謝するべき、
と思い込んでいました。

「普通」を達成するために、
高校から部活を始め勉強も必死でした。

自分の中で「普通」が高い目標だったのです。

今思えば、
人生なめてる土台はこの頃出来上がりました。

必死で努力すれば
「普通」になれる、だなんて
人生なめてますよね。

家庭内に宗教問題勃発

小学生の頃だったか、入学前だったか
祖父が家を出ていきました。

家族の中で祖父だけが違う宗教。

子供の私から見ると、
信じるものが違うことが
祖父が家を出ていった原因でした。

当時の私にとっては
大好きなおじいちゃん。

なぜ家を出ていかなければならないのか、
理解できなかったし
とても悲しかったです。

それ以来私の心の中には、
大切な人が追い出されたという
家族への「怒り」
が押し込められました。

同情するなら金をくれ!

共感していたのが、
『家なき子』というドラマです。

安達祐実さん演じる主人公の
相沢すずのように、
家に火をつけたことがあります。

たしかドラマが放送される前でした。

バーベキューとかで使う
ピンク色のゼリーみたいな着火剤。

あれを家の一番太い柱に
「べちゃっ」とつけて
ライターで火をつけました。

家なんて燃えてしまえと思って。

いざ火がつくと怖くなって、
火事になる前に消したのですが。

その時の
身体がおかしくなるくらいに
心臓がバクバクする感じは
今でも覚えています。

火がだめなら、水攻めだ。

ということで、後に
洗面所の水を出しっぱなしにして
家を水で沈めようともしました。

ただ水浸しになっただけで、
失敗しましたけどね。

学校では
友達を叩いたりしていましたし、
洗剤を飲ませて殺そうと
したこともありました。

大人からすれば
ただのいたずらに見えたことでしょう。

でも当人は、
自分でも気づかない「怒り」
を抱えていたのです。

自分は「普通」ではない

小学3年生の頃、
家族の一日を紹介する
という授業がありました。

「お兄ちゃんは本を読んでいて、
お姉ちゃんは夕食の準備を手伝っています」

というような内容で、
一日の流れを紹介する
というものです。

私の番がまわってきて、
話し出したのですが、

話しているうちに
何とも言えない気持ちになってきて、
楽しそうに話していたみんなのことが、

うらやましい

なんで自分は
家族の話をしていて

楽しくないんだろう

どうして自分たちは
「普通の家族」でいられないんだろう

そんな考えで頭がいっぱいになり、
言葉も出なくなり
みんなの前で泣いてしまいました。

後で先生が家に来て、
「ご家庭に問題があるのでは?」
と話していたそうです。

親からその話を聞いた当時は
分からなかったのですが、
今思えば、
問題ありありでしたね。

無意識に、問題のない、
「普通の家族」
でありたくて努力していたのです。

「普通」が難しい

努力のおかげで、
大学へ行くことができました。

それが普通だと思っていたから。

「頑張ったら、
希望の大学へ進学できた。
努力は報われるんだ。」

と、希望をもちはじめていた頃、
いろいろあってうつになります。

まだ軽いほうだったとは思うのですが、
外に出ることが怖くなり、
1年程引きこもり生活をしました。

それまで考えていた
「普通が難しい」
が悪い意味で現実となったのです。

努力すれば何でもできる、
信じて祈れば何でも叶う。

そんな、頭の中お花畑だったこの頃。

『ビジョナリーカンパニー2』
という本の中で、
精神的な打たれ強さ
についての調査が書かれています。

戦争で捕虜になった人たちの中で、
クリスマスまでには国へ帰れるだろう、
と考えていた人ほど打たれ弱かった。

つまり、
極度な楽観主義者で
厳しい現実を見ようとしない人ほど
精神的に弱い、ということです。

認めたくないのですが、
現実を見ようとしないことで
希望を持ち続けている
人生なめてるやつでした。

宗教活動への誘い

「かにかま君、今度集まりにきてみない?」

大学に入学したころ、
宗教活動への誘いがありました。

私は家族がしていた宗教に
入会はしていたのですが、
それまでは全く活動していません。

「宗教なんて怪しい。
おじいちゃんとおばあちゃんの
ケンカの原因にもなったし……」

と思っていたのですが、

「本当のところはどうなの?」

ということを知りたくて、
活動を始めました。

ちょっとした好奇心から活動を始めるのは、
人生なめていたからです。

ですが、そのおかげで
貴重な経験をすることができました。

「殺してください」という祈り

その頃、
一人の友人が死んでしまいます。

白血病でした。

「自分よりもずっと元気で、
思いやりのあるやつだったのに」

ショックでした。

自分よりも
将来の可能性があっただろう青年が死に、

「なぜ自分が生きているのか」

自分の人生を信じられず、
「殺してください」
と祈るようになりました。

さらに、同時期に
宗教活動では幹部養成コースで学び、
地区のリーダーをしていたのですが、

「お前とはもう関わらない」
「怪しいことやってるんだってな」

と、多くの友人が離れていきました。

その結果、うつにもなり、
宗教活動もやめたのです。

しかし、亡くなった友人の

「俺は頑張り過ぎて
こんなになってしまったけど、
お前はそうなるなよ」

という言葉のおかげもあり、
なんとか生きています。

自己啓発しようと思ったきっかけ

そんな状態でもなにか仕事をしなければなりません。

引きこもり生活を脱出し、
薬を飲みながらなんとか就職しました。

「うつ病で引きこもっていた自分に、
『普通』の仕事が務まるのだろうか……」

不安でした。

体力も落ちており、
「ラジオ体操ってこんなにしんどかったっけ?」

そんな自分でもなんとか
仕事を辞めずに続けられるよう、
自分の能力を高めたいと思ったのです。

「自己啓発しよう」

それは、
目標をもって生きるためではなく、
普通の日々を過ごすための一歩でした。

その頃の自己評価、
セルフイメージはとても低かった。

そのため、
セルフイメージに関する自己啓発教材から
スタートしたのです。

そうして自分の
「人生なめてる」度
を強化していきました。

最近心理学の講座で知ったのですが、
こびりついている価値観は、
意識して逆転行動をしなければ
自然と強化されていくらしいです。

購入金額50万円、月一回の電話サポート

就職したばかりですから貯金はなく、
50万円はローンです。

今考えたら、
普通の日々を過ごす
という目的からいうと、
高すぎる出費だと思います。

しかし当時の私には、
「普通」の価値が高かったのです。

「こんな自分が『普通』に生活できたら満足……」

そんな価値観からの行動でした。

サポートとして月一回電話があります。

「どんな時に教材の勉強していますか?」
「ちゃんと続けられていますか?」

といった確認です。

3ヶ月ほどして気付いたら
電話がかかってこなくなっていました。

まぁ、なんとか仕事を続けられて
体力も戻ってきていたので、
効果はあったのかなと思います。

お金が貯まったころにやってくる営業電話

「最近どうですか?」

1年~2年経ったころでしょうか。

ローンも払い終わり、
貯金も少しできたころのこと。

教材の案内電話がかかってきます。

「しっかり教材を活かされていて素晴らしいですね」
「今日は潜在意識の力を電話で体験していただきたいのです」

そんな話が続いたあと、新しい教材の紹介です。

その頃にはうつは治っており、
この状態を継続したいと思っていたのです。

しかし、自分の価値観がかなりぶれていました。

「かにかまさんの状況を聞いて、
さらに状況が良くなる教材を紹介したいと思いました」

正直あまり思い出せないのですが、
営業に釣られてほいほい教材を
購入していたように思います。

これは、いけないやつです。

そんな話が2回程あり、
手元の教材は増えていきました(笑)

しかも、買うだけ買って
大して実践しない、勉強しない、という……

これで最後にしよう

最高峰の教材、ということで
最後に購入したものが約100万円でした。

最初から最高峰の教材だけ
買っておけばよかったのでは、
ともいえますが、
セルフイメージが低い状態では
購入する気にならなかったでしょう。

すごく美人な人に会ったとき、

「きれいな人だな……
でも自分なんて相手にされないだろうな」

なんて気後れして話せなくなったりしませんか。
そういうあれです。

ともかく、
最高峰のものを手に入れたのだから
これで最後にして
しっかり自分の血肉にしていこう
と決意したのです。

以後も営業の電話が何度かかかってきましたが、

「今の教材を集中して勉強したいので」

と、流されずになんとか断っています。

教材にかなりのお金を使ってしまったわけですが、
そのことを後悔しているかというと
そうではありません。

その時その時で最終的には自分で
価値があると思って購入してきましたので。

むしろよく決断したな、と自分では思っています。

その経験があるから、
こうして情報発信できるのだと思います。

このように思わされるのが、
セールスのテクニックなのかもしれませんが……

と、書いていたのがこのブログを始めた頃です。

今ではその教材も大して活用していません。

自己啓発って、
今の自分を認められなくて、
なんとか変えたい、
っていう人がはまるんじゃないですかね。

自分はこんなやつだ、
と思い始めたらやる気がなくなってきました。

普通の幸せとは?

自己啓発教材のおかげか、
バリバリ仕事ができるわけではないけど、
まぁ「普通」に仕事をこなせるようになりました。

「世界の歯車の一員になれた」

という実感を、
幸せだと感じていました。

そんな私の次の課題は、
結婚して家庭をもつこと。

もしかしたら本当は、
結婚する必要も、
家庭を持つ必要も、
なかったのかもしれません。

ですが、私にはずっと
「普通の家庭」
へのあこがれがあったのです。

そのために、
合コンにも行ったし、
結婚相談所にも登録したし、
お見合いもしてみました。

結婚するのが普通
と思っていたから。

でも……

すべてうまくいきませんでした。

低収入のクソ野郎!

そんな中、一人の女性と
お付き合いすることになります。

2年ほど続いて、
お互いの親にもあって、
まずはということで
一緒に暮らし始めました。

「普通」なら、
結婚して幸せになっていた
かもしれません。

残念ながら私の場合は、
振られてしまいました。

その時に言われた言葉が
「低収入のクソ野郎」
でした。

「この俺が、低収入だと……?」
「ふざけんじゃねぇ!」

という気持ちで、
副収入を得ようとしたのが、
このブログの始まりです。

低収入だったことも確かですが、
振られた原因は他にあったと思います。

愛することが怖かった

彼女を両親に紹介した時のこと。

「うちの家庭に入って
家事をしてもらわんといけん」

「家事をしてもらえるように
『教育』せんといけんで」

なんて言われて、

「大切な人の自由を奪うようなことしたくないな」
「今まで気づかなかったけど家族ってクソだな」

と、強く反発したことを覚えています。

副業をしよう、
稼いで家から離れよう、
という思いにもなりました。

振られた後に、
「お前は騙されていたんだ」
と言われた時、

ふと一瞬、
「殺してやりたい」
と思ったことに、
当時は気付かぬふりをしていました。

今思えば、私にとって
誰かを愛するということは
他の誰かを殺したいほど憎むこと
だったのです。

幼いころ、
おじいちゃんを愛していたために、
家を燃やそうとしたように。

火をつけた後に
怖くなって震えていたように、

何かを愛することによって
取り返しのつかないことを
してしまうのが、

ただただ怖かったのです。

そんな自分の恐怖心は見ないことにして、
「稼いでやろう」
と思って1年を過ごしました。

人生なめてるやつだから。

ストイックな価値観がもたらしたもの

自分の弱さから逃げて、
ストイックな価値観をもつことで、
自己否定しながら
自分を追い込む癖がつきました。

鳥の胸肉を腐らせてしまった時も、
腐らせるなんて自分はダメなやつだ、
罰を受けなければならない。

そんな思いから腐った肉を食べてしまいます。

これは、自傷行為といえるでしょう。

その結果、
盛大にお腹を壊してしまい、
寝グソするに至ったのです。

恵まれてのうのうと生きてきた自分、
人生なめてる自分。

そんな自分を認めることができず、
目をそらし続けた結果が、
シーツの茶色いシミです。

こんなことを続けていたら、
いつか死んでしまう。

どんなに結果が出たとしても、
どんなに稼いだとしても、
それでは成功とは言えない。

そんな危機感から、
自分の人生を考え直しました。

まぁ大して稼いでもなかったんですけど。

人生を振り返り、心と向き合った半年間

ブログを始めた頃から、
心理学の講座に参加していました。

自己啓発ってなんかうさん臭くて、
情報発信をするのなら、
何か根拠が欲しかったからです。

はじめは
オンラインのみの参加でしたが、
うんこを漏らしたころから、
半年間のオフラインセミナーにも
参加するようになりました。

講座の中で、
認知行動療法という
心の構造を知るワークに取り組み、

過去を振り返る自分史を書き、

『アダルトチルドレン癒しのワークブック』
に書かれている、
親への手紙を何度も書き、

「なぜ自分は怒りを感じるのか」
「なぜ自分はうんこを漏らしたのか」

を少しづつ理解していったのです。

とにかく必死な半年間でした。

ワークに取り組みながら、
一人で泣いたこともあります。

つらかったですが、
無駄ではありませんでした。

つらい時に心の支えとなったのは、

「俺は頑張り過ぎて
こんなになってしまったけど、
お前はそうなるなよ」

という、友人の言葉です。

また、講座仲間から
言葉と態度を通しての

「頑張らなくていい」
「人生なめてていい」

というメッセージでした。

さらに、
心と向き合いながら書いていたブログに
共感のメッセージをいただくことで、

普通ではないかもしれない
自分なりの生き方をする意味
に気付かせてもらえました。

「普通の人」なんていない

考えてみれば、
300年後、あるいは300年前、

私たちというのは
人間として存在しておらず、
ただの原子や分子、あるいは
他の生物の細胞の一つ
だったりしますよね。

うんこと変わりません。

それが今こうして
人間の形をして生きている。

そのこと自体、
「普通」ではないのです。

でも、
ただ生きているだけ
では満足できない自分もいますよね。

何か愛せるものを見つけたくて。
でも怖くて。

もしも人生が私を殺しに来るのなら

『花の慶次』
という漫画の中で、
城壁を登って
本気で自分を殺しに来る相手に、
上から小便をかけて攻撃する
というシーンがあります。

前田慶次や直江兼続など、
強い武将は平気で小便して、
勃起までしている。

対して、
名もない兵士は
相手の必死の形相に
びびって小便もできない。

どちらがいいかというと、
小便かけて攻撃する方がいい。

その方が、
生き残る確率が高いから。

何かを愛することで、
誰かを殺したいくらい憎むのなら、
その「殺したい気持ち」に対して
小便ぶちまけたい。

ついでに勃起もしていたい。

もしも人生が
私を殺しに来るのなら、
全力でなめきってやる。

その姿をみせることで、
自分は普通ではないと悩み
愛することに苦しむあなたへ
ほんの少しでも勇気を与えることができたら。

そんな気持ちでブログを書いています。

そしてそれが、私なりの、
私にしかできない人生の愛し方
なのだと思っています。

普通なんてくそくらえ。

模範とする言葉

人は常に己の限界に挑戦すべきである。

手持ちの脳力の範囲内に安住していては、
人生の醍醐味を味わうことはできないのだ。

ロバート・ブラウニング

今の私にとって、
「己の限界」とは、
どれだけ人生をなめきれるかです。

目指す世界

認められなかった自分の一部分を認める。

日々流されて生きるのではなく、
憎む気持ちを恐れず、
愛に従って生きる。

そして人に価値を与え、感謝されながら、
愛したいものを愛せる人を増やしたい。

あと、気楽でありたい。

 

ここまでプロフィールを読んでいただいて
ありがとうございます。

何か感じるものがあれば、
メールマガジンに登録してください。

メールマガジンでは、
本当の人生のなめ方
について発信しています。

一緒に人生をなめていきましょう。

どうぞよろしくお願いします。

メールマガジンのご案内

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

この記事が気に入ったらシェアお願いします!
かにかまをフォローする
スポンサーリンク
人生なめてるやつが成功する方法