『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』「少女と自動手記人形」ネタバレ感想

ネタバレありの感想となります。

「少女と自動手記人形」は、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 上巻』に書かれている物語です。

7歳の娘が、命を削って手紙を書いている母親をみて、

「もう書くのやめて! 体を大事にしてほしい」

と泣き叫びます。

それでも、書くことをやめない母親。部屋から閉めだされた娘は、納得できず、代筆屋=自動手記人形に尋ねます。

「……どうして手紙なんて書くの?」

「人は人に届けたい想いがあるからです」

誰かわからない手紙の受取人に対して嫉妬します。

「そんなのとどかなくていい……」

結局、母親は手紙を書き終えて数カ月後に亡くなります。

一人残された娘。

娘は、悲しみに暮れて人生を棒に振ることはありませんでした。

彼女を支え励ましていたのは、誕生日に届く手紙です。

母親の筆跡で書かれた、励ましの手紙。

その手紙が娘に、「いつも母親に見守られている」という実感を与えます。

娘は大きくなって、弁護士となり、結婚もしました。

それでも、誕生日には届く、手紙。

「今日もおばあちゃんから手紙とどいたのー?」

彼女の娘も誕生日の手紙を楽しんでいます。

「私も娘に手紙を書こう」

若き日、自分で未来の自分に嫉妬していた娘が、
代筆を依頼するのは、母が最期に呼んだのと同じ人物。ヴァイオレット・エヴァーガーデンです。

 

世代を超えて伝わる想い・言葉の力に感動しました。

少女がした質問は、ブロガーに尋ねても良い質問かもしれません。

「……どうしてブログなんて書くの?」

お金儲けがしたい、それだけではないはずです。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』にみる自動手記人形とブロガーの共通点

RETURN TOP

プロフィール

詳しいプロフィールはこちら。

はじめまして。かにかま(@kanikama_jikoke)です。

宗教にはまり、自己啓発にもはまり。
教材に200万円費やしたりもしました。

「なぜ宗教や自己啓発にはまるのか」

自身の経験をふまえて、正しい自己啓発とは何かをお伝えします。

↓はじめての方はコチラからどうぞ↓

はじめての方へ

アーカイブ