無料動画「テキトーになる方法」

真剣になりすぎて辛いあなたへ、
「テキトーになる方法」
をお伝えしています。

バカになる薬

第3回岡山ブログカレッジ参加レポート

この記事は、以前アメブロで公開していたものです。

ーーーー

第3回岡山ブログカレッジに参加してきました。前回に引き続き、2回目の参加となります。

今回のテーマは、「差がつくグルメブログのコツを学ぼう」

岡山名店道しるべ」のきーたんさんが講師です。

「グルメブログ? 自分のブログカテゴリじゃないけど、おいしそう」

そんな気持ちで参加してきましたが、今回も勉強になりました。

グルメブログを例に、記事を作成する上での戦略を話していただいたからです。
以下に、まとめてみます。

 

臨場感が大切

そのために講師のきーたんさんは、写真力、表現力、情報量を大切にしています。

 

写真力

切り口のアップ写真など、動きのある写真を撮るよう意識されています。構図や光などでも、写真の印象が変わります。なかなか奥深い世界のようです。

 

表現力

きーたんさんは、ネガティブな表現はしたくないとの考えで、私も賛成です。
しかし、記事には思い・熱量が表れてしまうので、文字数などで差ができます。

ここで、シズル感という言葉が登場。

シズル感、どこかでみた言葉だな、と思っていましたが、以下のサイトで見てました。

ホイラーの法則でシズルを売れ!ブログで必須の「ユー能力」とは?
シズル・・・肉がジュージューと焼ける音

食べ物自体を売りにするのではなく、臨場感・満足感をイメージしてもらうということですね。

自分の作っているブログのカテゴリーでいうと、文章で臨場感を表現しなければならない。(私の別ブログ→自己啓発で人生激変)(このブログです)

どうすれば? と考えましたが、「」を使うことが一つの手法かと思います。ということで、冒頭使ってみました。いかがでしょうか?

 

情報量

ブログを読みに来た人が、どんな情報を欲しがっているのか。考えて提供することが大切です。
グルメブログでいうと、お店のメニューだったり、店内の雰囲気だったり。

 

テーマのリサーチ

ワークでは、ブログのテーマに合わせたリサーチを行いました。短い時間でしたが、

「リサーチって、こんな風にやるんだ」

というイメージが持てました。

 

キーワード選定

リサーチでは、キーワードを決めて検索し、ライバルサイトをチェックします。いいな、と思うところをまとめます。

 

ブログの位置付けを考える

大手のサイトと同じ土俵で勝負するのはきついので、個人ブログなりの強みを探します。やはり、体験談などを用いた臨場感が個人ブログの強みになりやすいです。

 

記事数が大事

検索上位に表示されるブログは、記事数が多かったです。写真+2行の文字、などの記事でも、更新することが大切、との考えになりました。

これはなぜか、というのは良く分かりません。グーグル先生の印象でしょうか?

 

二次会

「倉敷マルシェ」というお店で二次会を行いました。

以下この記事は、グルメブログとなります。

お店の外観。倉敷駅前の商店街から歩いてすぐです。

大きなレタスが出てきました。おいしい!


今回講師のきーたんさん。ピンぼけしてしまいましたが、イケメンです!

グルメブログって、難しいですね。おいしいワインを飲み過ぎました。
でも、楽しかったです!ヾ(@°▽°@)ノ

終電で帰ったのですが、降りる駅寝過ごしたのは内緒です・・・

コメント