無料動画プレゼント中!

記事の最後で案内しています。

テキトーになる方法

テキトーに生きてもいいじゃん?

 

なぜ、
人はテキトーになれないのか?

肩に力を入れて
頑張りすぎることで
なぜうんこをもらすのか?

そんなことをしても
汚いだけなのに……

もっとテキトーに生きたらいい

「でも、どうやって?」

そんな疑問に
この記事ではお答えするとともに
テキトーになるための
メールマガジンの案内をしています。


あなたは、
のほほんと生きている人を見て、
「うらやましいけど正直腹が立つ」
「みんな一生懸命やってるのになんだあいつは」
と思いませんか?

その時、心の奥では

「あんな風にテキトーになれたらなぁ」

と思ってはいませんか?

私はずっと思ってきました。
「な~んも考えずに生きていけたらなぁ」
と。

あるいは、
人との付き合いがわずらわしくて
「一人で気ままに生きたい」
と思う一方、

「世界のどこかに、自分を
理解してくれる人がいてほしい」

と、孤独感を感じることは?

私は感じていました。
そして、

「ミトコンドリアと大腸菌だけが友達」

と気づき、
「人間に本当の友達なんていない」
と、絶望したのです。

そんな私でも、今ではうまく
「テキトー」
を使い分けることが
できるようになりました。

この記事では
テキトーになる方法
についてお伝えします。

なぜ人はテキトーでいられないのか?

「気楽に生きる」
とか、
「テキトーに生きる」
というようなキーワードで
google検索をすると、
一千万件以上の記事が出てきます。

考え方やノウハウについて
書かれたものです。

多くの情報があるにもかかわらず、
なぜ、「気楽」「テキトー」
でいられない人がいるのでしょうか?

その理由は、
心のどこかに
テキトーであってはいけない
という思い込みがあることです。

思い込みによって、
テキトーな考え方を聞いても
どこか腑に落ちず、

どうやったら気楽になれるのか
というノウハウを聞いても、
実践する気にならないのです。

テキトーでいられないと孤独になる

テキトーであってはいけない
本気で生きるべき
気楽な生き方はだめ

というような思い込みをもっていると、
自分を追い込むことになります。

本当はテキトーでありたいのに、
そうじゃない自分に対して、
「そんなんじゃだめだ」
と怒りを感じるからです。

その怒りは、自分だけではなく
知らず知らず他人にも向かいます。

例えば昔の私のように、
日本に生まれて、
恵まれてきたのだから

感謝しなければいけない
贅沢なんてしてはいけない

という思い込みを持っていると、
より良い暮らしをしよう
としている人に

「贅沢言っちゃいけねぇ!」
「十分恵まれているんだから」

なんて腹立たし気に言って、
「なんだこいつうぜぇ」
と思われてしまうのです。

そして自分からも、
「俺はお前らとは違う」
とかいって壁を作って
孤独になっていくのです。

そんな私も今では
テキトーさを身に着けたおかげで
30人を超える仲間ができて、
収入も倍になりました。

テキトーになるためのステップ

テキトーになるための
具体的なステップは
以下の4つです。

  • 自分の感情に気づく
  • 感情を疑ってみる
  • 人生をなめてみる
  • 感情を振り返る

1つずつ説明していきますね。

自分の感情に気づく

テキトーでいられない
思い込みがあると、
日常的に怒りを感じます。

あまりに日常的になると、
自分の怒りに気づけないものです。

そこでまずは、
自分の感情をキャッチする
ところから始めていきます。

そこに、テキトーでいられない
原因がありますからね。

感情を疑ってみる

感情に気づいたら次は、
その感情を疑ってみましょう。

感情を疑うというのは、
例えば怒りを感じた時、

今自分は怒りを感じているけど
これってどういう思い込みから
きている感情なのかな?

というように、
客観的に自分をみることです。

そしてその思い込みが
テキトーであってはいけない
だったとするならば、

「別にテキトーでもいいんじゃないか?」

と疑ってみることです。

だって、
テキトーでもいいんですから。

人生なめてみる

テキトーでもいい
そう言われても
腑に落ちない時がありますよね。

そんな時は人生をなめてみましょう。

300年も経てば、
私たちなんて、
うんこと同じになります。

たまたま今、
人の形をしていますけど、
すぐにうんこになると思えば
どーでもよくなってきませんか?

どーでもよいとしたら、
自分の思い込みとは
反対の行動をやってみても
問題ないはずです。

テキトーなことをしてみる、とか。

実際に行動をすることで
はじめて腑に落ちる
というのはよくあることです。

感情を振り返る

思い込みと反対の行動をしてみて
どういう感情になったか

を振り返ります。

「意外と楽しかった」
ということもあれば、
「やっぱりだめだった」
ということもあるでしょう。

それでも繰り返していくことで、

テキトーであっていいとき
テキトーであって悪いとき

の使い分けができるようになっていくのです。

テキトーになりたいならテキトーになろうとしてはいけない

ここまで読んだあなたは、
「これでテキトーになれそう」
と思うかもしれません。

ですが、おそらく
一人で取り組んでも続かないでしょう。

世の中の多くの人の
「テキトーはだめ」
という価値観に、
知らず知らず影響されるからです。

途中で
「本当にテキトーになれるのか?」
と疑いが生まれるし、
そこで頑張って続けること自体が
すでにテキトーではないですよね。

うまくいかなくて
別の方法を探すことを繰り返す、
ノウハウコレクターになりたいのなら
別に構いませんが……

テキトーになるんだ
と決意するのではなく、
気が付いたらテキトーになっていた
という変化が理想です。

自然と価値観が変わり、
テキトーになれる。

そんなメールマガジンを発行しています。

読者登録していただいた方には、
特典をプレゼントしています。

特典:テキトーになる方法動画講座

この動画では、
以下のことをお伝えしています。

  • かにかまがテキトーを目指す理由
  • テキトーになることの
    ライトサイドとダークサイド
  • テキトーになる4ステップの解説
  • テキトーになるために
    今すぐやった方がいいこと

読者登録はこちらから。

コメント