バカっていう方がバカなんでー

この記事は2分で読めます

お元気ですか、かにかまです。

「お前、バカだなー」

「バカっていうやつの方がバカなんでー!」

子供の頃、こんな言い合いをした記憶はありますか。

今回は、バカという方がバカということについて考えてみます。

 

人を指差した時、3本の指は自分に向いている

「バカという方がバカ」と同じ意味で使われる言葉として、「人を指差した時、3本の指は自分に向いている」というのがあります。

指差してみると、小指、薬指、中指が自分の方に向いてますね。人のことをいうと、3倍になって自分に返ってくるという戒めの言葉です。

ブーメラン」というのもあります。

「本人のいないところで人のことを言う人は信用できない」といいながら、「だれそれは影口言うから好きじゃない」と言ったり。「お前は人の気持ちが全然分かってない」という人こそ、人の気持ちが分かっていなかったり。

投げたら返ってくるブーメランのように、言葉は自分に返ってきます。政治の世界でも、他党の批判をしているけど自党に当てはまる、と一時期流行りました。

他に似た言葉として、医者の不養生、紺屋の白袴などあります。自分のことは棚に上げて、人の世話をするのはなぜなのでしょう。

 

自分のことは見えない

自分の姿は鏡でも使わないと見えません。目の位置と動く範囲が決まっているからです。

正しいフォームで走っているつもりでも、人に見てもらったり、動画をとってみるとおかしなフォームだと分かったりします。

自分のことが見えないから、自分のことを棚に上げて人のことを言ってしまうのでしょう。「バカという方がバカ」というのは、自分のことが見えてないという意味でバカにしている言葉なのです。

 

みんなバカ

哲学者のソクラテスは「無知の知」という言葉を残しました。

世の中の人は「自分には分からない」ということを知らない。それを知ることがみんなと差をつけることだ。

私も含めてみんなバカだ、ということでしょう。

バカという方がバカ」という言葉は、バカがバカと言うから余計にバカに見える、という意味なのです。私はそういうことだと思います。

 

あなたは頭が良い

哲学の勉強などしなくても、私たちは子供の頃から「無知の知」を知っていたわけです。

ところで。

地獄の食事と天国の食事が同じ、という話をきいたことがありますか。どちらにも豪華な食事が並んでいるそうです。

ただし、とても長いフォークとナイフしかありません。

地獄の人たちは長いフォークとナイフを使って自分で食べようとしている。一方、天国の人たちは対面の人に食べさせている。

自分で利益を得ようとするか、他人に利益を与えようとするか、その違いが地獄と天国の違い。そんな話です。

私は頭が良くなりたい。

 

自己啓発っぽいまとめ

人に言ったことは3倍になって自分に返ってきます。良い言葉を使いましょう。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

詳しいプロフィールはこちら。

はじめまして。かにかま(@kanikama_jikoke)です。

宗教にはまり、自己啓発にもはまり。
教材に200万円費やしたりもしました。

「なぜ宗教や自己啓発にはまるのか」

自身の経験をふまえて、正しい自己啓発とは何かをお伝えします。

よろしくお願いします。