無料動画プレゼント中!

記事の最後で案内しています。

グーグルの野郎、なめてんじゃねぇ!

なめてる哲学

お元気ですか、かにかまです。
かにかまって何?⇒プロフィールはこちら。

あなたは何か失敗した時、
どのように受け止めていますか?

うまくできない自分の姿が気になり、

「あぁ、ダメなやつだと思われたな……」
「こんなんじゃ、なめられるな……」
「いや本当の俺はこんなもんじゃねぇ!」

と思って、
失敗を失敗として受け止めていない。

そういうことがないでしょうか?

私はよくありますよ。
だってなめてるやつだし。

最近、読者の方から、
「失敗の受け止め方を教えてほしい」
とメッセージをいただき、
失敗について考えています。

この記事は、
私がブログ運営で
失敗したお話についてです。

失敗から得られるものについても
なめていきましょう。

ブログのアクセス数が落ちた時のなめ方

実はここだけの話、
ブログのアクセス数が
最近調子悪いです。

5月初めからいうと、
PV(ページビュー)は
半分くらいに。

ずっと1位だった検索順位は、
5~6位に。

人生なめてるブログなのに、
「人生なめてる」
のキーワードで検索1位
とれていないんですよぉ!

情けないお話です。

なぜかという原因は、
薄々分かっています。

更新頻度が少なくなったし、
また、書いている記事も
なめている記事よりも
ゲーム、TRPGに関する記事が
多くなってきたから。

グーグルさんに、

このブログはなめてる人の
専門サイトではないな

と判断されてしまったということです。

なめられたものですね。

なめられるよりもなめたいまじで

さてここで改めて、
「なめている」
ということについて考えてみました。

なめられているよりも、
なめている方がいい。

そう思うのはなぜなのか?

理由として思い至ったのは、
サル山のボスザルです。

他人よりも上の立場に立って、
「俺のほうが上なんだぞ」
と思い知らせる行為。

人の言葉では”マウンティング”
というようですね。

それと同様に、
なめられている自分が嫌で、
人よりも上に立っている
と心で納得するために
なめていきていきたい
と思うのです。

なめられたくない人が孤独を選んでしまう理由

「なめられてはいけない」
という考えは
今までの人生では正しい場面や
役に立つことが多くありました。

現場監督をやっていて、
なめられてしまうと
指示を守ってもらえずに
事故が起こりやすくなったり、

なめられているから、
いいように扱われたり。

身体が小さくて
なめられるのは嫌だから、と
筋トレをはじめたら
とても健康になったり。

ただその考えだけだと
しんどいことがあるんですよね。

優秀な友人と付き合っている時、
能力が劣っているために、
どこか自分がなめられているように感じて
しんどくなってしまう。

例えばTRPGを
一緒に遊んでいる友人が
シナリオをバシバシ作り、
一方自分はなかなか作れない。

そんな時に引け目を感じて、
「なめられちゃいけない」
と力が入ったりして
しんどくなってしまう。

そして自ら孤独を選んでしまう。

そんなことは望んでいないのに。

あー、はやくサル山になりたい。

だって、
偉そうしているだけでいいんですよ?

「楽」じゃないですか!

失敗から学ぶ方法

失敗から何かを得ようと思った時に、
例えばサル山の構造のように
パターンを知っていると
自分のことを認識しやすいですね。

いまいち分からなくても、
パターンに当てはめてみるだけで良いのですから。

鉄血宰相とよばれた
オットー・フォン・ビスマルク
という人がこんな名言を残しています。

”愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ”

ぜひ賢いあなたは
なめてるやつの歴史に学んでください。

私は愚者も賢者も
超越した存在なので、

経験からも歴史からも
学ぶつもりはありません。

ただただ、サル山になりたい。

メルマガ登録お願いします

この記事は、
メルマガの一通を編集したものでした。

他にも失敗したことについて
普段メルマガにて配信しています。

賢いあなたなら、
もちろん登録しますよね……?

コメント