家庭内宗教戦争勃発 その時何が起こったか

この記事は2分で読めます

お元気ですか、かにかまです。

今回はちょっと重たいお話。

 

私の家庭はある宗教をやっています。その宗教は昔、内部分裂をしました。

そして家庭内で祖父だけ、分裂した反対側を支持していました。それはもう、熱心だったのでしょう。

祖父と祖母、お互いの熱心さが仇となり、家庭内で争っていました。争っていた、というよりは一方的な否定といえるかもしれません。

家庭内で宗教的争いが起こったら、どんなことになるかをお伝えします。

 

ビール瓶が飛び交う家庭

歴史で、宗教による戦争が起きたことを習った時、「うちでも戦争あったなぁ……」と思い出しました。

祖父がビール瓶を持って、祖母に殴りかかっていたことがあります。

「助けて!」

という声を聞きながらも、ただただ怖くてこたつの中に隠れていました。

宗教とは本来、良い生き方を目指すものではないでしょうか。しかし、宗教が家庭を壊すようなことが起こり得ます。

心のあり方、自分や他者との向き合い方についての教えもあるはずなのに。

 

家庭内焼き討ち事件

織田信長が比叡山を焼き討ちした、と授業で習った時、「うちでも焼き討ちあったなぁ」と思い出しました。

ご神体、といえるような祈りを捧げるものがあります。ある日それがなくなりました。

祖父が持ち去り、焼いてしまったようです。

人には信じているものがあり、大切なものがあります。それを家族から傷つけられたりするのはどんな気持ちでしょう。

 

家族との離別

上記のような事件もあり、祖父は家を出て行きました。

その時、

「これで平和になる……」

という思いと、争いがあっても大好きだった祖父が出て行くことの悲しさで、当時6歳くらいだったはずの私は大泣きです。

 

家族を憎むようになった

当時は自覚がありませんでしたが、幼い私は家族を憎んでいたと思います。

「家なんて沈めばいい」と考えて蛇口の水を開けっ放しにして、お風呂にためていた記憶があるのですから。沈むわけはありませんでしたが。

家族を憎んでいたということに気付くまでは、「恵まれた家庭に育った」としか思っていませんでした。取り返しのつかないことをしてしまわなくて、本当に良かったです。

 

宗教戦争やめましょう

考え方や価値観の違いで、家族と争いになったりすることはありませんか。

それを体験している子供の心境は上記のとおりです。

宗教戦争やめましょう。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

こんな記事もどうぞ

イスラム教と仏教の共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

詳しいプロフィールはこちら。

はじめまして。かにかま(@kanikama_jikoke)です。

宗教にはまり、自己啓発にもはまり。
教材に200万円費やしたりもしました。

「なぜ宗教や自己啓発にはまるのか」

自身の経験をふまえて、正しい自己啓発とは何かをお伝えします。

よろしくお願いします。