「根気がない」「自信がない」「やる気がない」「元気がない」精神的な弱さを抱えたままでうまく生きる方法

お元気ですか、
河西数真()です。
プロフィールはこちら。

もしあなたが、
以下のような悩みを持っているとしたら、
この記事は役に立つと思います。

やろうと思ったことが長続きしない

やめた方がいいと分かっているのに
やめられないことがある

無理やり頑張っても
心を病んでしまいそうで不安

「精神的に強くならなきゃ、
人並みに生きていけない……」

たしかに、
ストレスの多い現代社会では
精神的に強くあることが
理想とされます。

しかし、
精神的に強くなろうとすることが
罠だったとしたら……?

レベルを上げるだけで終わるゲーム

あなたは今まで、
精神的に強くなろうとして
どんなことに取り組んできましたか?

健全な精神は健全な身体に宿るから、
身体を鍛えようと筋トレに励み、

心理学の本を読み、
マインドフルネス、瞑想、
認知行動療法など
心理療法を実践し、

コーチング、カウンセリングを受け、

自助グループなど
コミュニティにも参加して、

高額な自己啓発教材を購入して、

それでも不安で、
「精神的に強くなれたらな……」
と思っているのですよね?

あなたが取り組んできたことすべてを、
このまま極めていったとして
その先に、
どんな未来を望んでいますか?

……

本当は、
すべてを極める必要なんてありません。

極めようとしている間に
死んでしまうでしょう。

死んでしまってから、
精神的に強くなろうと
もがいて終わった一生だった……

そんな後悔はしたくないはずです。

ゲームで例えるなら、
ストーリーを進めずに
レベルを上げるだけで終わるゲーム。

戦士を極めて、
最高の賢者になって、
すべての魔法を使いこなし、
傷ついたときには
自分で回復することもできる。

最強の勇者となって、
村人や他の冒険者から、

「もうあいつだけでいいんじゃないかな?」

と言われる存在。

しかしその勇者が興味あるのは、
レベル上げだけ。

それだけの力があれば、
もっと多くの人を救うことも、
魔王を倒すこともできるのに……

そんなゲーム、何が楽しいの?

おそらく多くのプレイヤーは
そういってやめてしまうと思います。

しかしあなたはやめないかもしれません。

なぜなら、現在、
あなたはレベル上げだけに興味がある
勇者と同じになっているかもしれないからです。

 

本当はもう、
それなりに強いのに、

もっと楽しく生きていけるのに、

もっと人の役に立てるのに、

もっとできることがあるのに、

レベル上げばかりをしているから、
本当は助けてくれる人にも
仲間になってくれる人にも
放っておかれてしまう……

 

今までよく
一人で頑張ってきましたね。

でもそろそろ、
あなたと仲間たちの
メインストーリーを
進めていってもいいんじゃないですか?

 

もしかしたら、あなたは、
「まだレベルが足りないから……」
と思っているかもしれません。

しかし、このままずっと
精神的に強くなろうとしていると
本当にやばいのです。

 

このままだと
あなたが持っている財産を
無駄にしてしまう可能性があるのです。

 

一つはお金。

メンタル改善というのは、
突き詰めれば限りのないものです。

人が生きれば
ストレスがないことはなく、
ストレス耐性については
そもそも遺伝で決まってしまう部分もあります。

ある程度の改善でヨシとしなければ、
無限にお金をつぎ込むことになります。

 

もう一つは、
あなたが現在持っている
精神的な弱さ
という財産です。

「え、なんで精神的な弱さが財産なんだよ?」

という心の声が聞こえてきそうですね。

喉元過ぎれば熱さを忘れる
という言葉があるように、

人はメンタル改善すると
通り過ぎた痛みや苦しみは
きれいさっぱり忘れてしまうものです。

過去の自分が苦しんだことと
同じ苦しみに悩んでいる人がいたとしても、
理解することができず

「そんなことで悩むなよ」

と思ってしまうものなのです。

そう。

うつ病の経験がある私が
同じようにうつで苦しんでいる
同僚を前にして
助けてあげられなかったように。

 

そして、あなたも
薄々気がついているのではないですか?

精神的に弱かったからこそ、
今まで頑張ってこれたことがある、
強くなろうとして必死になれたのは
精神的に弱かったからだ、
と。

そしてそれは「強さ」だと。

 

強くなりたいけど、
今すでに持っている強さを
無駄にはしたくないですよね。

今のあなただからこそ
救える人がいるのに
自分のレベル上げを優先して
救おうとしないとしたら、

「勇者失格」

だと思いませんか?

人生なめてるやつは孤独感に気付けず頭がおかしくなって死ぬ

精神的に強くなろうとしているあなたは、
おそらく孤独だと思います。

以前書いたこちらの記事は、
すでに読んでいるかもしれませんが、
私自身、孤独感を抱えていることに
気が付いていませんでした。

人生なめてるやつは孤独感に気付けず頭がおかしくなって死ぬ

真剣に考えないことで、
人との付き合い方をいい加減にすることで、
痛みは少なくなり、
自分の心を守ることができます。

こういうなめ方を、
そうですね、
「回避型のなめスタイル」
と呼ぶことにしましょう。

ストレスが少なくなれば、
精神的に強くなったように
思えるかもしれません。

しかしそれだけでは、
回避できないストレスに直面した時、
打たれ弱くなってしまいますし、
人として大切な痛みも、
楽しみすらも
感じられなくなってしまいます。

あえて、
精神的に強くなろうとせず、
痛みを受け入れて抱えながら
仲間集めをしていく。

「耐久型のなめスタイル」
とでも呼ぶことにしましょう。

そうしていると、
オンラインでの読者との繋がりが増え、
孤独感や無力感や悔しさのような
痛みを感じながらも

楽しんでもらえる企画や、
楽しみながら心理療法に
取り組む企画などを実行でき、

今の自分で役に立てる人たちがいる
と実感できるようになったのです。

不思議と不安は軽くなり、
楽しみながら企画を継続でき、
夜遅くまでやってしまっていた
ゲームも自然とやらなくなりました。

そう、気が付いたら、
精神的に強くなろう
とは思わなくなっていたのです。

精神的な弱さを抱えたままでうまく生きる方法は驚くほどシンプル!

精神的な弱さが気にならなくなる方法、
というと、心理学とか脳科学とか
何か複雑なことをしないといけない
と予想をしていませんか?

しかし、違うのです。

正直に言うと、
私はそれらについて
中途半端にしか詳しくありません。

その辺の入門書をかじったくらいです。

それでも精神的な問題が
気にならなくなったのは、

精神的な弱さが気にならなくなる方法が
これでもかというくらいシンプルだからです。

あまりにもシンプルだから、
聞いただけでは、
「え、そんなことで?」
と思ってしまうかもしれません。

ここまで読んでくれたあなたのために
特別に公開しますね。

いきますよ?

 

 

……

 

 

(そんなもったいつけて、
大したこと言わないんだろ……)

 

あ、そのとおりです。

すみません、
シンプルなので……

それは、
弱さが気にならない環境を作ること
です。

つまり、

  • やろうと思ったことが長続きしない
  • やめた方がいいと分かっているのに
    やめられないことがある
  • 無理やり頑張っても
    心を病んでしまいそうで不安

こういった特徴が気にならず、
逆に強さとして活かせる
環境を作れば良いのです。

それだけじゃわからねーよ!!

と、苦情が入るかもしれませんね。

私が作っている環境として、
一つのサンプルがあるので、
体験してみてください。

LINE公式アカウントから、
案内を送っています。

以下のURLかQRコードから
友達登録をしてくれたら、
案内を送ります。

ちゃんと送れているか確認したいので、
登録したらスタンプでも良いので
何か返信していただけると助かります。

何かメッセージを送っていただければ
やりとりができるようになります。

友だち追加

コメント