『残酷すぎる成功法則』の著者、エリック・バーカーという人

この記事は2分で読めます

お元気ですか、かにかまです。

『残酷すぎる成功法則』という本を読んだのですが、個人的に2017年で最高の本でした。 10回は繰り返して読もうと思っています。

この本は、成功法則の総論的な本です。私が今年読んで気に入ったWOOP思考法や、習慣の力についても紹介されています。

成功法則とか自己啓発というと、うさんくさい印象を持つ人も多いのではないでしょうか。そんな中、著者のエリック・バーカーという人は、エビデンスを示すということにこだわり続けてきました。

アメリカではすでに、エビデンスのない主張は認められない雰囲気だというのです。自己啓発の科学化ともいえます。研究論文のように、根拠となる調査・実験結果・論文などを提示しなければならないということです。

今回は、著者のエリック・バーカーという人物を紹介します。

人気ブロガーのエリック・バーカー

2009年より、『Barking up the wrong tree(間違った木に向かって吠える)』というブログを運営しています。記事数は、2017年11月時点で、約5000。

30万人の登録者を持ち、『ニューヨーク・タイムズ』や『ウォール・ストリート・ジャーナル』などでも紹介される人気ブロガーです。

私も本を読んだ後、読者登録をしました。人気記事を紹介されたのですが、まだ読み込めていません。以下のタイトルの中で、読みたいものとかありますか?グーグル翻訳のリンクを貼っておきますね。

  1. 神経科学が明らかにする、あなたを幸せにする4つの儀式
  2. だらだらするのを止めて行動的になる5つの方法
  3. もっと成功しよう:ハーバード大学の研究によってわかった楽しみながら成功する方法
  4. 人から好かれるには?FBIの行動学者による7つの方法
  5. 人生をより良くする5つのシンプルなEメール

ちなみに、ブログのURLをみてください。「bakadesuyo.com」……ばかですよ.com?

エリック・バーカーさん、きっと日本好きだと思います。

 

自ら実践する成功哲学者

ブログ5000記事って、すごいと思いませんか?2009年から8年で5000記事。365×8=2920日で5000記事。平均すると、8年間、1日2記事くらい書き続けていることになります。

1記事に2時間かかるとしたら、1万時間をブログに費やしている人です。

1万時間の法則というものがあります。何かの分野で成功した人は、最低1万時間を費やしている、という法則です。この法則自体に科学的な根拠はなく、統計的な分析結果ですが、エリック・バーカーさんは自らそれを実践していますよね。

ただ1万時間を費やすのではなく、例えばエビデンスを示すことなど、何かこだわりを持って費やした1万時間が、成功への扉を開けてくれるのだと思います。

 

成功とは何なのか、に向き合った人

ブログタイトル『間違った木に向かって吠える』をみて思い浮かぶのは、正しい木とは何なのか、木に向かって吠えるという行動は正しいのか、という疑問です。

成功したい、という思いは誰でももっているものでしょう。しかし、その成功が本当に自分の求めているものなのか、間違った木に向かって吠えていないだろうか、ということは意識しておかなければなりません。

エリック・バーカーさんの著書『残酷すぎる成功法則』で最初に語られていることは、成功とは何なのか、です。

 

著書もこれからも楽しみな人

現在、エリック・バーカーさんのブログは週1回更新されている程度です。忙しくなったのかもしれません。

とはいえ、5000記事もあるので少しづつ読み込んでみようと思います。

いつか日本に来たとき会えないかな、と妄想しております。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

詳しいプロフィールはこちら。

はじめまして。かにかま(@kanikama_jikoke)です。

宗教にはまり、自己啓発にもはまり。
教材に200万円費やしたりもしました。

「なぜ宗教や自己啓発にはまるのか」

自身の経験をふまえて、正しい自己啓発とは何かをお伝えします。

よろしくお願いします。