人生なめてるやつほど自分に厳しい理由

日常を楽しむ

お元気ですか、かにかまです。

「人生なめてるやつほど
自分に厳しい」

そういうと、
逆じゃないのか、
人生なめてるやつは
自分に甘いんじゃないのか、
という意見があるかもしれません。

でも、実はそんな考えこそ、
人生なめてるやつが
生きづらい原因なのです。

この記事では、
人生なめてるやつほど
自分に厳しい理由を
お伝えします。

その他の人生なめてるシリーズはこちら。

自分に厳しい理由を知って、
人生なめてる生活を
楽しんでください。

障害を障害と思わない

人生なめてるやつの
基本的考えは、
「まあ大丈夫だろう」
「なんとかなるだろう」

という根拠のない
自信・安心感です。

その考えは、
高いハードルに
躊躇なく飛び込める
行動力ともなります。

おかげで痛い目に遭うことも
あるのですが。

あなたはこんなこと、
真似しないでくださいね。
危険ですから。
腐った肉を食べたら生きることに本気になれる

「人生なめてるくらいで丁度いい」

その言葉は、
大きな障害に挑戦するときのために
あるのでしょう。

人生なめてるやつは、
大きすぎる障害を
大きすぎると認識できないからです。

「まあ大丈夫だろう」と。

だからこそ、
人から見るとバカみたいに
自分を追い込むこともあるのです。

目標に対しても
同じように考えます。

高すぎる目標をたてる

「いやいや無理でしょ」
というくらい
高すぎる目標を
たてる人っていませんか?

例えば、
世界を救いたいとか、
世の中から不条理をなくしたいとか。

本当にできると
思っているんですかね~?

自分にはできる
という気持ちが強すぎて、
無意識に高すぎる目標を
たててしまうのも
人生なめてるやつの特徴です。

そして、
その高すぎる目標を
自分の使命のように
受け止めてしまいます。

だから、
高すぎる目標に
勝手に押しつぶされてるんですよね。

セルフSMプレイを
楽しんでます~

でも、
高すぎる目標を
たててしまう根拠も
あるんです。

「自分は恵まれている」という考え

人生なめてるやつが
人生なめてるやつであるのは、
うまくいった過去、
恵まれた過去が
あったからこそです。

そこに気付いた時、
人生なめてるやつは
こんなことを考えます。

自分は恵まれた環境で
育ってきた。

そんな自分が、
今望む結果を得られていないのは、
努力不足のせいだ。

もっと努力して、
人生に恩返ししなければ。

人生なめてるからこそ、
世の中や人生のせいにせず、
自分の責任だと考えます。

そのために、高すぎる目標を
たててしまったりするんです。

「自分は恵まれてきた」
と気付いたやつにしか
分からない生きづらさ、
あると思います。

「自分に厳しくならなければ」という考え

恵まれて生きてきた過去を
変えることはできません。

それなのに、
真剣に生きている人への
あこがれから、

「ぬくぬくと生きてはだめだ」
「もっと自分に厳しくならなければ」

なんて考えてしまいます。

その気持ちで真剣に
何かに取り組もうとするのですが
人生なめてる自分を
作り出した過去の影響から、
どうしても本気になれません。

そのパターンを繰り返して、

「やっぱり無理だ。
どうでもいいや~」

と考えるようになります。

人生なめてるスパイラルです。

あなたは、
人生なめてるスパイラルに
はまっていないでしょうか?

もしそうなら、
人生なめてるからこそ
自分に厳しくなりすぎている、
ということに気付いてほしい
と思います。

ご意見・ご感想、
大歓迎です。

頂いたメッセージに対しては、
私なりに調べて回答いたします。

こちらのメールアドレスから。
kanikama.jikoke@gmail.com

もしくはお問い合わせフォームから。

コメント欄は下のほ~うです。

【こんな記事もどうぞ】

人生なめてるシリーズ。

人生なめてるやつの特徴
人生なめてるやつの苦労
人生なめてるやつになるメリットとデメリット
人生なめてるやつの行動パターン
人生なめてる大学生

自分に厳しくなるから
楽しめることもある。
自己否定からの自己啓発
自己否定感との付き合い方

コメント