黒字読書を目指そう

お元気ですか、かにかまです。

私事ではありますが、ブログをはじめて明らかに変わったものがひとつあります。

それは、本に対するお金の使い方です。

「より良い情報をお伝えしたい。そのためには本を読まなければ」

そんな気持ちから、10倍くらいの勢いで本を買うようになりました。振り返ってみると、半年で100冊ほど購入しています。

本が届く時こんな感じです。

  • 午前中ダイレクト出版から本が届き、
  • 夕方アマゾンで注文していたものが届き、
  • 夜にはメルカリで購入した本が届く。

この時実家に届いたのですが、

「一体何が起こっているんだ……」

と、両親とも不安を口にしていました。

不安になるのも無理はありません。そんな勢いで本を買っていると結構お金がかかるのです。1冊1000円としても10万円くらいになってしまいます。

そして、半分くらいは電子書籍だとしても、本棚に並ばないくらいになります。

居場所を失った本たち……

彼らの行く先はメルカリです。

それでも本の購入代金が全て戻ってくるわけではありません。

じわじわ減っていく預金額。

「どうしたものか……」

悩んでいる時にツイッターでひとつのアイデアを見つけます。

そうです。要は、買った本以上のお金を生み出す「黒字読書」をすればよいのです。

 

黒字読書をするメリット

黒字読書には、3つのメリットがあります。

  • 本が読める。
  • お金や知識が増える。
  • お金が増えるからもっと本が読める。

「図書館で借りたらいいのでは?」

という意見もあるでしょう。

しかし、私は本を買いたい。本を買っている自分に満足したいのです。

成功する本棚を演出

本棚の8割が自己啓発本だと成功する確率は低い。本棚の8割がセールスやマーケティング、コピーライティングの本だと成功する確率が高い。などと聞いた私は、まずは本棚から成功する人っぽくしました。本を買わなければできないことです。

かにかま
要するに自己満足。だけど自己満足は大切

 

黒字読書をする方法

では、黒字読書をする具体的な方法を考えてみます。思いつくのは以下の方法です。

  • 本を紹介して広告収入を得る。
  • 本を読んだ知識を活用してお金を得る。
  • 転売して利益を得る。

本を紹介して広告収入を得るには、まずアマゾンアソシエイトや、楽天アフィリエイトに登録します。そして、ブログやSNSに本のアフィリエイトリンクを載せましょう。読者や友人があなたのリンクから本を買ってくれたら、収入が得られます。上手くいけば多くの報酬が期待できる反面、1冊当たりの収入は価格の3〜5%程度です。

本を読んだ知識を活用してお金を得る方法は、幅広い活用が期待できます。仕事に活かして出世して給料を増やすことや、副業をして収入につなげることが考えられます。反面、数値やデータが明確になりづらく、本による収支のバランスが分かりにくいです。

直接お金に変わるイメージが持ちやすいのは転売かもしれません。例えば、メルカリとアマゾンでは10%程度の価格差があります。本によりますが。安く買って、高く売ることで黒字読書をする方法です。相場を調べたり、本の発送をしたりと結構手間がかかります。

共通のコツは、できるだけ良書を厳選して読んでいくことでしょうか。これらの方法を活用して、ぜひ黒字読書を目指してください。そういう私は、絶賛赤字読書中です。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

アンケートにご協力お願い致します

当ブログ
『人生なめてるやつが成功する方法』
をお読みいただきありがとうございます。

より価値のあるブログとしていくため
アンケートにご協力お願い致します。

協力いただいた方には、
忘れ防止ノウハウPDF(無料)
を提供します。

物忘れが多くて、
「お前、なめてるだろ!」
と言われることはありませんか?

現場監督の仕事をしていると
ささいな物忘れで
現場がストップしてしまうことがあります。

そんな仕事をしている私が
忘れ防止にやっている方法を
PDFにまとめたものです。

忘れ防止ノウハウとかどうでもいいけど、
アンケートに答えてやるぜ!
って方も大歓迎です。

こちらのフォームよりお答ください。

アンケートフォーム

日常を楽しむ
かにかまをフォローする
スポンサーリンク
人生なめてるやつが成功する方法

コメント