仮設トイレの掃除をなめてた

仕事を楽しむ

お元気ですか、かにかまです。

クソみたいなブログ、
クソブログって多いですよね。

最近特に増えてると思います。

お金儲けのためだけに
書いてあるようなクソブログ。

「そういうこのブログはどうなんだ?」

そうですね、
このブログはクソブログです。

だから今日は、
クソブログらしく
クソについて書きます。

みんな大好きな、
うんこの話です!

人生なめてるやつ vs ブラックフライ(ハエ)

私の仕事場は建設現場なのですが、
最近休憩所にハエが大量発生しました。

ハエって鬱陶しいですよね。

20~30匹のハエがいる事務所
って想像できますか?

殺虫剤はもちろん使いましたが
やつらには効きません。

耐性もちになっているんでしょうね。

お昼ごはんがハエにたかられるかも、
このコーヒーカップ
ハエがたかったかも、
という恐怖、伝わりますかね?

ハエの交尾を見ながら食べる
お昼ごはんのおいしさなんて、
体験した人でなければ分からないでしょう。

環境改善のために
ハエたたきを買ってきて
1人5匹のノルマを掲げて
ハエ退治祭りなどやっていると
だんだん楽しくなってきます。

うっとうしかったハエが
可愛く見えてくるんですよね。

とはいえ、
いつまでもハエと戯れていては
仕事が進みません。

そこで、
ネットで調べて
ペットボトルで
ハエ取りを作ったりするも、
全くとれません。

頭がよくなっているのでしょう。

こうなれば
発生源から叩くしかなさそうです。

仮設トイレの戦い

「こんなに大量のハエ、
一体どこから……」

というくらいの
ハエがいたのですが
まぁ、ハエの発生源といったら
生ごみとか、トイレです。

今回の場合は
明らかに仮設トイレから
発生していました。

仮設トイレ(大)の
構造って知ってますか?

便を落とすところに
蓋がついているのですが、
粘り気のあるうんこがついて
蓋が開いたままになっていたんです。

当然ハエにとっては
いい産卵場になりますよね。

まずは蓋を閉めるために
掃除をしました。

水をジェットでかけたり
棒でつついてうんこを落としたり。

「においがきつそう」
と思うかもしれませんが、
不思議とにおいませんでした。

人間の鼻って
においになれるっていいますよね。

だから大丈夫です。

ただ、
家に帰ってからなんかにおうので、
もしかしたら服にうんこが
ついたのかもしれません。

毎日そうじをして
蓋が閉まるようにしていたのですが
ある日異変が起きました。

便がいっぱいになっていたんですよね。

蓋についているうんこを落としても
蓋が閉まらない。

やばい。

奴らがまた来る。

何とかしようと思って
棒でうんこの山をつつきました。

山を崩せば、
もう少しいけるはずなんです。

そのときは必死でしたが
うんこをかき混ぜるという
貴重な体験をさせていただきました。

もしもこの世にトイレがなかったら

そんな貴重な体験をしながら、
ふと、悲しい気持ちに襲われました。

「もし便器が全て
いっぱいになったら
どうすればいいんだろう……」

100人ほどの人が
うんこをする場所に迷ってしまいます。

そんな考えに至ると
トイレがあるということのありがたさ、
汲み取りに来てくれる人たちへの
感謝の気持ちがわいてきますね。

そして、
人はうんこをしなければ生きていけない、
そんな当たり前の現実に直面しました。

「美しく生きたい」

そう思っている
人生なめてるやつにとって
それは悲しい現実だったのです。

もし世の中からトイレがなくなったら
あなたはどこでうんこをしますか?

生きることはうんこをすること

私は野グソすると思います。

そうしないと生きていけないからです。

よく、
「やりたいことが分からない」
とか言いますが、
うんこをしたい時は分かりますよね?

トイレがないからといって
うんこを我慢しますか?

世の中のどこにも
トイレがなかったとしたら?

「野グソなんて恥ずかしい」
と、うんこを我慢しすぎると
お腹が腐って死んでしまいます。

トイレがなければ、
恥とか罪悪感とか
捨てなければ生き残れないのです。

ところが現実には
恥ずかしいからといって
うんこを我慢して苦しんだり、
生きづらさを抱えているような人がいます。

もううんこを我慢しなくていいんですよ。

生きることは
うんこをすることなのですから。

人目を気にして
やりたいことを我慢してたらだめです。

みんなうんこしましょう

とはいっても
やっぱり恥ずかしさってありますよね。

そんな時に役立つのが
「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
という精神です。

みんなが野グソしてたら
別に恥ずかしくないじゃないですか。

そういう意味で
メンタル改善には
仲間の存在ってとても大切です。

もしよければ、
うんこ仲間になりませんか?

うんこするようなメルマガを配信しています。

ご登録はこちらから。

【毎日1分読むことで自分と仲良くなれるメールマガジン】

本当はやりたいんだけど
恥ずかしくてできない……

なんてことがあったら
教えてください。

一緒に恥ずかしがりましょう。

メールアドレスはこちら。
→kanikama.jikoke@gmail.com

ツイッターDMでも。
https://twitter.com/kanikama_jikoke

お問い合わせフォームはこちら。

コメント欄は下の方にありますよ。

今回はちょっと
うんこうんこと書き過ぎました。

反省しています。
(反省していません)

アンケートにご協力お願い致します

当ブログ
『人生なめてるやつが成功する方法』
をお読みいただきありがとうございます。

より価値のあるブログとしていくため
アンケートにご協力お願い致します。

協力いただいた方には、
忘れ防止ノウハウPDF(無料)
を提供します。

物忘れが多くて、
「お前、なめてるだろ!」
と言われることはありませんか?

現場監督の仕事をしていると
ささいな物忘れで
現場がストップしてしまうことがあります。

そんな仕事をしている私が
忘れ防止にやっている方法を
PDFにまとめたものです。

さらに、今だけ
お悩み相談(無料)
をお付けします。

ついつい、いつも考えてしまう。
気になって集中力が落ちる。
漠然とした不安。

そんなお悩みはありませんか?

心理学のコミュニティで、
「視点が高い」
と言われた私が
新たな視点を提供します。

忘れ防止ノウハウとかどうでもいいけど、
アンケートに答えてやるぜ!
って方も大歓迎です。

こちらのフォームよりお答ください。

アンケートフォーム

仕事を楽しむ
かにかまをフォローする
スポンサーリンク
人生なめてるやつが成功する方法

コメント