自己啓発逆転の法則を知っていますか?

心理学

お元気ですか、かにかまです。

頑張ってるのに
望んだ結果が得られない。

頑張れば頑張るほど、
むしろ結果から
遠ざかっているような気がする。

今のままの自分では
だめなんじゃないだろうか……

そんな気持ちから
自己啓発をしたいと思っていませんか?

最近、
引き寄せの法則に詳しい方が
こんなことを言っていました。

引き寄せようと思っているうちは
願いは叶わなくて、
ふと忘れた時に引き寄せているものだ。

これを聞いて私は、
自己啓発も同じだなと思いました。

自己啓発しようとすればするほど、
逆の結果が得られるのです。

自己啓発の逆の結果というのは、
自己欺瞞(じこぎまん)なのですが、
本当の自分を見失っていませんか?

この記事では、そんなあなたに
自己啓発逆転の法則というものを
お伝えします。

今の自己啓発方法で得られるのは、
あなたが本当に望んだ結果なのか、
考えて欲しいなと思います。

努力逆転の法則

フランスの心理学者、
エミール・クーエという人が
「努力逆転の法則」
というものを提唱しています。

努力逆転の法則とは、
頑張れば頑張るほど
逆の結果が得られてしまう、
という法則です。

「そんな馬鹿な」と思いますか?

たしかに、
「努力」という言葉には
美しい響きがありますよね。

でもあなたの努力は、
望んだ結果につながっていますか?

あなたの
自己啓発しよう
という努力が逆転している原因は、
無意識で自分に投げかける言葉です。

人が頑張ろうと思う時、
同時に無意識で
「今のままでは結果が出せない。
自分はだめなやつだ」
というイメージを思い浮かべています。

その根拠は、
私が自己啓発をしよう
と思ったきっかけを考えても
間違ってはいません。

「今のままの自分では
まともに仕事を続けることが
できないかもしれない……」
だから、自己啓発をしよう、
と思っていたのです。

自己否定からの自己啓発

頑張ろうという意志の力と
「自分はだめだ」
というイメージの力が戦った時、
意志の力はイメージの力に
勝てません。

さらに、
頑張ろうという意志の力が
強くなれば強くなるほど
その逆のイメージの力も
その2乗で強くなります。

意志の力では
絶対にイメージの力には
勝てないのです。

自己啓発しよう、
正確には、
自己啓発しなければ
(自分はだめだ)
という思いで行っていた自己啓発は、
望んだ結果=仕事でそこそこ成功
を私にもたらしませんでした。

「自己啓発逆転の法則」
というのは
「努力逆転の法則」
をもじった私の造語です。

努力はいけないことなのか?

自己啓発すればするほど、
逆の結果になるのなら、
自己啓発なんてやめてしまおう
と思ってしまったあなたは
まずいですよ。

極端な考え方だし、
やっぱり自己啓発しなければ
何事も達成し得ないからです。

「おいおい、言ってることが
わけわからんぞ」

と思われるかもしれません。

説明しましょう。

自己啓発逆転の法則の原因は、
「今の自分ではだめだ」
という逆のイメージです。

つまり、
逆のイメージがなければ
自分に素直になりつつ
自己啓発できる
というわけですね。

あなたが自己啓発しようと思うのは、
自分を否定しているからではありませんか?

自己啓発したいなら、自己啓発しようとしてはいけない

最近学んでいるACTという心理療法に、
こんな言葉があります。

問題を解決しようとすることが
問題を作り出している。

自己啓発しようとすればするほど、
心の柔軟性がなくなっていくわけです。

メールマガジンでは、
心の柔軟性を持ちながら
自分を好きになっていく方法を
お伝えします。

登録していただけたら、
ACTについて解説した音声を
プレゼントするつもりです。

今作成中ですので
「こんなことを盛り込んでほしい」
ということがあれば
ご意見ください。

無意識に自分を否定してるかも?

そんな方はぜひ登録してください。
【毎日1分読むことで自分と仲良くなれるメールマガジン】

コメント