自宅で筋トレするならダンベルを買うのがおすすめ

この記事は2分で読めます

お元気ですか、かにかまです。

先日、自宅での筋トレ用にダンベルを買いました。

「筋トレしたいけど、ジムに行くか、自宅でやるか」

迷っているにもダンベルをおすすめします。

ダンベルを買うメリット

ダンベルを買うメリットとしては、以下があります。

  • 自重トレーニングでは鍛えにくいところが鍛えられる
  • 目につくところに置いておくことで筋トレしようという意識付けになる
  • 自重トレーニングよりも負荷がかけられる

ちなみに、デメリットとしては邪魔になることです。

ジム通いとの比較

がっつり筋トレしたい方はジムに行くのが良いでしょう。トレーニングを組んでくれたり、機械の使い方をみてもらえたりするメリットは大きいです。

一方、そこまでがっつりではない私のようなライト層には、ダンベルが良いのではないでしょうか。

ジム通いとダンベルを使った自宅トレーニングを、時間面と金銭面で比較してみます。

 

トレーニング時間の違い

私の場合、家から15分くらいのところにトレーニングジムがあります。往復で30分です。

移動時間の30分で、自宅でダンベルトレーニングできてしまいますね。

ちょっとした時間に筋トレしたい場合は、ダンベルがおすすめです。

 

金銭面での違い

ジム通いをするとなると、大きなところだと1ヶ月1万円くらいかかります。

安くジム通いをしようと思えば、公共施設のジムを利用すれば1回300円程度なので、月10回行くとして1ヶ月3000円です。

一方、ダンベルは購入費用だけですみます。20kg×2個セットで、6000円です。ちなみに、メルカリで購入しました。

ダンベルの場合は、継続費用がかからないため、長い目で見ると安くすみます。

 

ダンベルでやりたいトレーニング

筋トレBIG3と言われる、ベンチプレス、スクワット、デッドリフトをしたいと思っていました。初心者が始めるにあたって、効率がよいとされているためです。

BIG3の中で、特にデッドリフトはバーベルがないとできない、と思っていましたがダンベルでもできます。負荷は少なめですが、逆に故障しにくくて良いと思いました。

やり方については以下のサイトを参考にしています。

筋トレBIG3のみで筋肥大を確約。最短で効果が見込める究極メニューとは | Smartlog

また、その他の種目がやってみたくなった場合は、以下のサイトで11種目のダンベルトレーニングが紹介されています。

夏に間に合う!3ヶ月でガチで引き締まるダンベルトレーニング11選

 

まとめ

自宅で筋トレをしたい方はダンベルを買いましょう。私はすでに筋肉痛です。

ちなみに、筋トレは自己啓発にも役立ちます。

参考記事:『筋トレが自己啓発に有効な理由

 

お読みいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 09.09

    速く走る方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

詳しいプロフィールはこちら。

はじめまして。かにかま(@kanikama_jikoke)です。

宗教にはまり、自己啓発にもはまり。
教材に200万円費やしたりもしました。

「なぜ宗教や自己啓発にはまるのか」

自身の経験をふまえて、正しい自己啓発とは何かをお伝えします。

よろしくお願いします。